睡眠の質を高めるには、寝具との相性がとても大切です。特にマットレスは体と接する面積が広いため、体に合っていないと疲れが取れないどころか、翌朝、首や腰などを痛めてしまうことがあります。そこで、自分に合ったマットレスの選び方やおすすめのマットレスをご紹介します。

マットレスの役割と正しい寝姿勢について

人の体には凹凸があり、睡眠時には、頭や肩甲骨、腰、足の4か所に体重が強くかかります。その際、仰向けの時は背骨がS字になっている状態、横向きの時は背骨がまっすぐに伸びている状態が自然な寝姿勢なので、体圧を分散させて体への負担を減らすマットレスを選ぶことが大切です。自分に合ったマットレスを使用することで、理想の寝姿勢を保つことができます。

自分の体に適したマットレスを選ぶ必要性

体に合ったマットレスを使用するメリットを3つご紹介します。

1:腰痛予防、緩和

マットレスには、体圧を分散させて体への負担を軽減させる役割があります。自分の体格や寝姿勢に合ったマットレスなら、頭や肩甲骨、腰、足など、体の凹凸にフィットして、腰痛を予防・緩和することができます。

2:睡眠の質が上がる

硬さや反発性、安定感、通気性、丸洗いできて衛生的など、好みの機能性を持つマットレスを選ぶことで、寝心地がよくなり、睡眠の質が上がります。特に暑い夏は、通気性が優れているマットレスだと涼しくて快適です。

3:疲れが取れて生活の質が向上

体に合ったマットレスは、寝姿勢が安定するほか、寝返りが打ちやすくなるので、体の疲れが取れて快適な日々を過ごすことができます。

体に合わないマットレスを使い続ける危険性

自分の体にとって、柔らかすぎる、または硬すぎるマットレスを使うリスクについてご紹介します。

体が沈み込んで寝返りがしにくくなり、睡眠の質が下がる

柔らかすぎるマットレスでは、過剰に体が沈み込んで安定しません。寝返りのたびに筋肉を使うこととなり、疲れが取れずに体力を消耗してしまいます。

体圧が部分的に集中し、腰の痛み、肩こり、背中の痛みの原因に

硬すぎるマットレスでは、体の凹凸部分が圧迫され、血流が悪くなることがあります。その結果、腰痛、肩こり、背中の痛みの原因になることも。

マットレスの基本構造と種類

マットレスは構造や素材によって寝心地が大きく異なります。ブランドや商品によって差はありますが、一般的な『コイルマットレス』、コイルスプリングを使用していない『ウレタンマットレス』『ファイバーマットレス』『ラテックスマットレス』の特徴をご紹介します。

コイルマットレスの種類(ボンネルコイル、ポケットコイル)

最も一般的なマットレスで、マットレス内部の構造にコイルが使われているのが特徴。価格や種類が豊富にあり、耐久性と通気性に優れています。コイルの並び方や種類によって寝心地が変わり、コイルの数が多いほど体圧分散に優れ、耐久性も高いとされています。 大きく分けて『ボンネルコイル』と『ポケットコイル』の2種類が存在します。

■ボンネルコイルマットレス
ひとつひとつ、らせん状に巻いたコイルスプリングを並べた作りのマットレス。体全体をサポートしてくれるので寝返りは打ちやすいが、コイル同士が連結されているため横揺れを感じやすく、寝返りの振動が隣の人に伝わりやすい。

■ポケットコイルマットレス
コイルスプリングをひとつひとつ円筒形の袋に入れて並べた作りのマットレス。独立したコイルが体をしっかり支え、体の凹凸に合わせて体圧を分散。 ボンネルコイルマットレスと比較すると、横揺れが小さく耐久性も高いが、価格がやや高いことが多い。

ノンコイルマットレスの種類(低反発ウレタン、高反発ウレタン、高反発ファイバー、ラテックス、特殊樹脂)


■高反発ウレタンマットレス
名前のとおり高い反発力が特徴。体が沈み込みすぎないので、正しい寝姿勢を維持しやすく、体圧分散にも優れています。耐久性もあり、通気性も良い。

■低反発ウレタンマットレス
包み込まれるような寝心地で、横向きで眠っても体にフィットしやすいため圧迫感を感じにくい一方、寝返りが打ちにくく、同じ姿勢を長時間続けることで肩こりや腰痛の原因になってしまうことも。また、体にフィットするため熱がこもりやすく、高反発ウレタンマットレスよりも通気性が劣る。

■清潔感を保ちやすいファイバーマットレス
ポリエチレンといわれる繊維を編んだマットレスで、高反発ウレタンマットレスに似たやや硬めな寝心地。体圧分散に優れているので、正しい寝姿勢を保つことができるほか、寝返りも打ちやすく、肩こりや腰痛で悩んでいる人におすすめ。通気性に優れるため寝汗や湿気がこもらず、さらにマットレス本体を洗うことができるので、ダニやカビ、汗の臭いを抑えることが可能。

■ゴム特有の柔らかさと弾力性を兼ね備えるラテックスマットレス
ゴムの木から採取された樹液が原材料のマットレス。体圧分散と耐久性に優れていますが、他素材と比較すると通気性が悪く、夏場は蒸れを感じることも。また、品質の良い天然ラテックスマットレスは比較的高価格な商品が多い。

硬さ(普通、固め、柔らかめ)

マットレスを選ぶ上で、最も重要な「硬さ」は、寝心地の好みだけでなく体格や寝姿勢に合わせて選びましょう。

■しっかりした硬さの『ボンネルコイル』『ファイバー』
しっかりした硬さのマットレスは、うつぶせ寝の人におすすめ。体重が重めの人でも、体をしっかり支えてくれるので寝返りがしやすいのが特徴です。

■中程度の硬さの『高反発ウレタン』『ラテックス』
体を包み込んでくれる柔らかさですが、沈み込むことはないため、寝返りが打ちやすく、安定した寝心地で正しい寝姿勢を保ってくれます。仰向けで眠る人や標準的な体重の人におすすめ。

■沈み込むような柔らかさの『低反発ウレタン』『ポケットコイル』
体にフィットする柔軟性があるので、柔らかく安心感のある寝心地。横向きで眠る人や体重が軽めの人におすすめです。

マットレスの基本的な選び方

自分に合ったマットレスを選ぶ時の、チェック項目を7つご紹介します。

1:厚み

ベッドや床の上に置いて使用するマットレスは、ある程度の厚みが必要です。厚みの違いによって特徴が変わるので、好みに合わせて選んでください。

■5cm未満
マットレスの寝心地が悪い時に調整するためのサポート寝具で『マットレストッパー』と呼ばれています。単体での使用ではなく、ほかのマットレスと併用するのが一般的。

■5-9cm以下
単体でも、ほかのマットレスとの併用でも使用できる厚さで、折り畳んで収納することも可能。ただし体格のいい人は、底付きが気になる場合も。

■10-14cm
折りたたんで収納することはできませんが、体格のいい人でも底付き感なく、快適に眠ることが可能。ウレタン製マットレスでは標準的な厚さです。

■15cm以上
ボンネルコイルやポケットコイルなどのコイルスプリング製マットレスに最低限必要な厚み。また、厚めのウレタンマットレスも、この厚さになります。耐久性や衛生面、寝心地の好みに合わせて選びましょう。

■25cm以上
ベッドの上に置いて使用するのに人気の厚み。厚ければ厚いほど高価になる傾向がありますが、耐久性に優れるので、長期間、快適に使用したい人におすすめ。ただし、クッション材を詰めすぎたものや、豪華な見せかけだけのものもあるので、良質なマットレスを見極めましょう。

2:サイズ

サイズは、部屋の広さや一緒に眠る人数に合わせて選んでください。

■セミシングル
約80-90cmの幅で、小柄な女性や子供向けのサイズです。

■シングルサイズ
約100cmの幅で、大人1人が眠る用の一般的なサイズ。体格のいい人は、寝返りを打つと少し窮屈に感じるかもしれません。

■セミダブルサイズ
約120cmの幅で、大人1人がゆったりと眠れるサイズ。大人2人で眠るには、窮屈に感じる人が多い。

■ダブルサイズ
約140cmの幅で、大人2人が眠る用の一般的なサイズ。ですが実際には、寝返りを打つスペースに余裕がなく、窮屈に感じる場合があります。

■クイーンサイズ
約160cmの幅で、大人2人がゆったりと眠れるサイズ。大人2人と幼児1人の組み合わせでも利用できるゆとりがあります。

■キングサイズ
約180cmの幅で、大人2人と幼児1人がゆったりと眠れるサイズ。手足を思いっきり伸ばして眠りたい人や、寝相が悪い人、寝返りが多い人でも安心です。

3:品質、耐久性

長期間、快適に使用するためには、品質や耐久性の確認も欠かせません。

■スプリング型の場合
手で押さえた時に、スプリングコイルの感触が直に伝わる、もしくはギシギシと音がするマットレスは、耐久性や寝心地を期待できません。程よく沈み込むものを選びましょう。また、スプリング型でもクッション層にウレタンを使用している場合があるので、素材や密度を確認してください。

■ウレタンの場合
密度が高ければ高いほど耐久性が高くなりますが、値段も高くなる傾向。毎日使うマットレスには、ある程度の密度(30D以上)がおすすめです。低反発の場合は、高反発より高い密度が必要と言われているので、購入前に確認しましょう。

4:価格

マットレスは、低価格のものから10万円以上する高価なものまで、ピンキリです。ここでは、シングルサイズの予算を5段階で解説します。

■1万円未満
低価格だと1万円未満から購入することが可能。質の悪いマットレスは、肩こりや腰痛の原因になるので、素材をしっかり確認しましょう。

■1-3万円未満
店舗でも3万円以内で購入できるマットレスが多数。小柄な人や、睡眠の質に悩んでいない人は、この価格帯がおすすめです。

■3-5万円未満
できる限り低価格で寝心地を追求するなら、3~5万円程度のマットレスがおすすめ。様々なタイプが販売されているので、自分の好みに合わせて探しましょう。

■5-10万円未満
肩こりや腰痛に悩んでいる人は、少し奮発したマットレスを。5万円以上の予算にすることで、睡眠の質を追求したい人でも満足できる寝心地のマットレスを購入できることが多いです。

■10万円以上
豊富な機能や寝心地にこだわった高級マットレスを購入できます。様々なマットレスを試した上で、さらに睡眠の質を追求したい人におすすめ。

5:用途

ベッドの上に置くのか、床の上に置くのか、また、どれくらいの広さの部屋に置いて、どんな体型の人が何人で使用するのか……など、使用用途に合わせて選んでください。

6:寝姿勢

人それぞれ、寝姿勢の癖が異なります。仰向け、横向き、うつ伏せなど、自分の寝姿勢に合ったマットレスを選びましょう。

7:素材

素材によってそれぞれ特長が異なります。例えば、ファイバーはウレタンに比べて、通気性に優れています。しかし、ウレタンのもっちりと体を支える感覚が好きな人もいるでしょう。また、ウレタンは体を面で支えるのに対し、ポケットコイルは点で支えるので、こちらも寝心地の好みが分かれます。自分の好みにあった素材を見つけてください。

中材別おすすめのマットレスをご紹介

最後に、おすすめのマットレス4つをご紹介します。

中材:ファイバー ブレインスリープ
マットレス フロート

高い弾力性を保つチューブ状の素材が様々な方向に三次元に絡み合っているため、体の凹凸に合わせてあらゆる方向から体を支え、体圧が均一に分散。中心部分が1番柔らかく、左右にいくほど弾力が高まっている“5つのグラデーション構造”で、人が無重力空間で自然にとる中立姿勢に近づけます。
さらに、“呼吸をサポートしてくれる肩の部分”、“3層の高い弾圧素材で支えるようにフィットする腰元”、“腰元よりも4cm高く設計されている脚の部分”の3点で体を支えてくれるので、横になるだけで無意識に究極のリラックス姿勢をとることが可能。
・サイズ:厚さ5×長さ195cm、【シングル】幅100cm、【セミダブル】幅120cm、【ダブル】幅140cm、【クイーン】幅160cm、【キング】幅180cm
・素材:【本体】ポリエチレン100%【オーガニックスリープ】オーガニックコットン100%、【for winter(数量限定)】起毛・コットン100%
・保証期間:無し

価格
88,000(税込)~

ご購入はこちら!

中材:低反発ウレタン トゥルースリーパー
プレミアケア

今使っているマットレスや布団の上に重ねて使用するタイプのマットレス。体温と体圧によって変形する独自の低反発素材“ウルトラ ヴィスコエラスティック”が、体の凹凸に合わせて自在に変形。寝具と体の隙間をしっかり埋めて、体にかかる圧力を分散してくれます。
クッション性に優れ、体全体が包み込まれるようにゆっくりと沈んでいくため、柔らかい寝心地が好みの人におすすめ。「まるでオーダーメイドのようで、肩や腰への負担が軽減する」と評判です。
・サイズ:約 厚さ5×長さ195cm、【シングル】約 幅97cm、【セミダブル】約 幅120cm、【ダブル】約 幅140cm、【クイーン】約 幅160cm
・素材:【本体】ウレタンフォーム、【インナーカバー】ポリエステル100%
・保証期間:1+2年

価格
22,800(税込)~

ご購入はこちら!

中材:高反発ウレタン コアラ
NEW コアラマットレス

マットレスカバーの中にあるトッパーレイヤーをひっくり返すだけで、気分や寝姿勢に合わせて、寝心地を「ふつう」「かため」に変えることができるリバーシブル仕様。
振動をしっかり吸収する独自開発の“ゼロ・ディスターバンス技術”を採用。密度が高いウレタンフォームを使用し、体を各部位で支える構造にすることで、寝返りが打ちやすく、隣で寝ている人の動きを気にせず快適に眠ることができます。
・サイズ:約 厚さ23×長さ195cm、【シングル】約 幅97cm、【セミダブル】約 幅120cm、【ダブル】約 幅140cm、【クイーン】約 幅160cm
・素材:【本体】ポリウレタンフォーム、【インナーカバー】表面素材:ポリエステル65%、テンセル?リヨセル繊維35%、滑り止めベース素材:ポリエステル100%(PVCドット加工あり)、その他の素材:ポリエステル 100%
・保証期間:10年

価格
82,000(税込)~

ご購入はこちら!

中材:ポケットコイル 無印良品
ポケットコイル
スプリングマットレス

独立した樽型のばねをひとつひとつ不織布で包んだコイルが密集し、各コイルが独立して働く構造のマットレス。多くの“点”で体圧を受け止めるので、寝姿勢に合った最適な硬さを実現。安定した寝姿勢を保ち、スムーズな寝返りが打てます。
マットレス外周が太いワイヤーで囲まれているので、揺れや沈み込みが少ないのも特徴。体のラインに沿ってしなやか、かつ、バランスよく支えることができ、隣で寝ている人の動きを感じにくいので、朝まで快適に眠ることが可能です。
・サイズ:厚さ19×長さ195cm、【スモール】幅80cm、【シングル】幅97cm、【セミダブル】幅120cm、【ダブル】幅140cm
・素材:【本体】マットレス:コイルスプリング【詰めもの】ウレタンフォーム、【側生地】ポリエステル100%
・保証期間:無し

価格
24,900(税込)~

ご購入はこちら!

しっかりチョイスしてよりよい睡眠環境を!

自分に合ったマットレスを選ぶポイントや、素材別のおすすめ商品をご紹介しました。マットレスは枕同様、1日の1/3を過ごす場所。より快適な睡眠を手に入れましょう。