診断をはじめる
診断をはじめる

診断をはじめる

  • 1性別

  • 2年齢

  • 3身長

    cm
  • 4体重

    kg
  • 1寝床についた時間

  • 2眠るまでにかかった時間

  • 3起床した時間

あなたは
睡眠良好タイプ

あなたは全体的に睡眠に大きな問題は無いようです。今後も、毎日規則正しい生活、適切な睡眠環境を維持することを心がけ、睡眠負債が溜まらないように気をつけましょう。

すでに実践している内容もあるかもしれませんが、睡眠をより良くするために、以下のような点を心がけることをおススメします。
●就寝時に深部体温を下げることが大切なため、就寝90分前までに入浴を済ませ,就寝前に深部体温をちょっとだけ上げて就寝時に下げる。
●体の目覚めを促進するために朝食はなるべくしっかり噛むものを選ぶ
●就寝前には携帯やテレビの光は避け、起床時は太陽の光を顔から浴びて体内時計をリセットする


良い睡眠を持続することで、健康的な生活を維持してください。

最後に、各人が必要な睡眠時間には個人差がありますが、睡眠時間が5時間未満になると、免疫力の低下や様々な疾病のリスク,肥満などにつながることが分かっています。できるだけ毎日、最低でも5時間の睡眠時間を確保するように心がけてください。

あなたは
睡眠習慣破綻タイプ

あなたは入眠中の問題は見られないものの、睡眠環境や睡眠習慣に大きな問題があるようです。睡眠の質は毎日の生活リズムを一定に整えることで改善します。それだけではなく、睡眠は日々のちょっとした心がけでも改善します。例えば、


●就寝時に深部体温を下げることが大切なため、就寝90分前までに入浴を済ませ,就寝前に深部体温をちょっとだけ上げて就寝時に下げる。
●体の目覚めを促進するために朝食はなるべくしっかり噛むものを選ぶ
●就寝前には携帯やテレビの光は避け、起床時は太陽の光を顔から浴びて体内時計をリセットする

などです。

明かりの少ない静かな部屋で、毎日なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、という規則正しい生活を心がけましょう。

最後に、各人が必要な睡眠時間には個人差がありますが、睡眠時間が5時間未満になると、免疫力の低下や様々な疾病のリスク,肥満などにつながることが分かっています。できるだけ毎日、最低でも5時間の睡眠時間を確保するように心がけてください。

あなたは
睡眠負債蓄積タイプ

あなたは、相当な睡眠負債が溜まっているようです。睡眠負債とは「毎日わずかずつ積み重なっている睡眠不足」のことで、いわば「睡眠の借金」です。睡眠の借金は、休日に寝だめをするだけで簡単に返済することができるものではありません。平日から十分な睡眠時間を確保し、睡眠不足が溜まらないように日ごろから心がけることが非常に重要です。とある実験によれば「6時間睡眠が2週間続くと、1晩徹夜したあと同じレベルに脳のパフォーマンスが低下し、さらに4時間睡眠が続くと、1週間後には脳のパフォーマンスは2晩徹夜明けと同じくらい低下する」ということが示されています。

日々の生活リズムを改善することが難しい場合、睡眠習慣をちょっとだけ変えるだけでも、睡眠の質が改善し睡眠負債が和らぎます。例えば、
●就寝時に深部体温を下げることが大切なため、就寝90分前までに入浴を済ませ,就寝前に深部体温をちょっとだけ上げて就寝時に下げる。
●体の目覚めを促進するために朝食はなるべくしっかり噛むものを選ぶ

などです。

明かりの少ない静かな部屋で、毎日なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、という規則正しい生活を心がけましょう。

最後に、各人が必要な睡眠時間には個人差がありますが、睡眠時間が5時間未満になると、免疫力の低下や様々な疾病のリスク,肥満などにつながることが分かっています。できるだけ毎日、最低でも5時間の睡眠時間を確保するように心がけてください。

あなたは
危機的睡眠タイプ

あなたは普段の睡眠に大きな問題があるようです。睡眠の質には様々な要素が影響しますが、睡眠環境や普段の睡眠習慣など、何かしらに問題があるかもしれません。

睡眠は日々のちょっとした心がけで改善します。例えば、
●就寝時に深部体温を下げることが大切なため、就寝90分前までに入浴を済ませ,就寝前に深部体温をちょっとだけ上げて就寝時に下げる。
●体の目覚めを促進するために朝食はなるべくしっかり噛むものを選ぶ
●就寝前には携帯やテレビの光は避け、起床時は太陽の光を顔から浴びて体内時計をリセットする

などです。

睡眠環境や睡眠習慣を変えても改善しない強い眠気や、不眠の自覚症状がある場合、睡眠の問題によって日常生活にも支障が生じている場合などは、お近くの睡眠クリニックに相談してみることも大事です。

最後に、各人が必要な睡眠時間には個人差がありますが、睡眠時間が5時間未満になると、免疫力の低下や様々な疾病のリスク,肥満などにつながることが分かっています。できるだけ毎日、最低でも5時間の睡眠時間を確保するように心がけてください。