診断をはじめる
診断をはじめる

診断をはじめる

あなたは
イルカタイプ
DOLPHIN
ベストなパフォーマンスタイム 15~21時
イルカタイプの人は、準夜型で夕方から夜にかけて集中力が高くなります。そのため、遅くまで夜更かしをしてしまい朝に弱い人が多い傾向にあります。朝の覚醒レベルを高めてパフォーマンスも向上させたい場合は,起床してからカーテンを開けて、太陽の光をしっかりと浴びる習慣を身につけることが大事です。またあまり夜更かしをし過ぎないように注意して、睡眠時間は個人差もありますが少なくとも6時間以上とるようにしましょう。
西野先生
西野先生のコメント
あなたは
ライオンタイプ
LION
ベストなパフォーマンスタイム 午前中
ライオンタイプの人は、午前中に集中力が高くなる人が多い傾向にあります。起床時に眠くなくても少しずつの睡眠不足の積み重ねや1度の大きな睡眠リズムの崩れにより生活リズムが大きく崩れやすいため、睡眠時間の確保や睡眠リズムはできるだけ維持できるようにしましょう。一定の睡眠リズムを整えるために、平日/休日になるべく同じ時間帯に就寝し、起床するアラームをかけることをお勧めします。
西野先生
西野先生のコメント ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。
あなたは
クマタイプ
BEAR
ベストなパフォーマンスタイム 10~14時
クマタイプの人は,午前から昼過ぎにかけて集中力が高くなる人が多い傾向にあります.7時間以上の睡眠時間を確保しないと日中に眠くなりやすいため,睡眠時間の確保に気をつけましょう.どうしても睡眠時間の確保ができない時は,過度な眠気が起きないように午前中,昼食後などにコーヒーを摂取したり、その後に30分程度の仮眠をすることがおすすめです。ただし、コーヒーはなるべく夕方以降に飲まないように工夫して活用してください。
西野先生
西野先生のコメント ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。
あなたは
オオカミタイプ
WOLF
ベストなパフォーマンスタイム 17~24時
オオカミタイプの人は,夜型で夜に集中力が高くなります.睡眠時間を7時間程度確保しないと日中の集中力を高めることができず,夜になってから集中力が高くなり昼夜が逆転しやすいタイプです。なるべく夜更かしはせず、十分な睡眠時間をとることを意識するとともに、寝る前のパソコン作業やスマホなどは避けて、ブルーライトを浴び過ぎないように注意してください。
西野先生
西野先生のコメント ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。