ニッポン眠り紀行 くらしきぬ

ニッポン眠り紀行 くらしきぬ

岡山県倉敷市 Kurashiki, Okayama

くらしき発のきぬのブランド「くらしきぬ」
岡山県倉敷市に住むふたりの主婦仲間が「『絹』という安心で安全な素晴らしい繊維を、もっと世の中に広めていきたい」という思いから、立ち上げたブランドです。素材や細部へのこだわりが着心地の良さを生んでいます。

日本の丁寧で
豊かなくらしのある街 

JR倉敷駅から南へ徒歩約10分にある「美観地区」や「本町・東町」といった美しい町並みを歩いたことはありますか。観光地にありがちな「異世界エリアを見てください」という強いオーラではなく、そこで生活する人々の温もりや丁寧な暮らしが垣間見れる、初めてなのに懐かしい心地良さを感じることができます。

豪華絢爛ではなく、日々そこにある豊かな日本の暮らし。それは倉敷が江戸幕府の直轄領として栄え、明治以降、豊かな財力をもつ商人たちの暮らしが基盤になっているからでしょうか。そして勿論、陽が沈んでからの楽しみも旅人を待ってくれています。倉敷には「萬年雪」、「嶺乃誉」、「伊七」と西日本を代表する銘醸が揃っているので瀬戸内の海の幸を肴に是非一献、杯を傾けてみませんか。酒が喉を過ぎてしばらく後、胸の中にぽッと温かなものが広がります。

日常の景色を
大事にしたくなるもの

くらしきぬの製造販売元である株式会社クラビズの瀬良さんは「くらしきぬ」のコンセプトについて「私たちがお客さまにお届けしたいのは、【日常の景色を大事にしたくなるもの】、それは「たとえば朝、目覚めた時の天井、窓から差し込む光、鏡に映る自分、ご飯と味噌汁、一緒に食べる人の顔」と語ってくれました。

確かに忙しく毎日が通り過ぎていく日々の暮らしの中ではそうしたことは当たり前すぎて心に留めることはあまりありません。でも、やさしい天然素材に包まれた瞬間、身体だけでなく心までもがふわっとまぁるく温まるような感覚。そしてこの瞬間が愛おしく感じられること。こうした日常の瞬間や丁寧な暮らしの中にこそ幸せがあることを「くらしきぬ」は私達に教えてくれます。

▲瀬良さん(左端)と「くらしきぬ」チームメンバーのみなさん

天然繊維のもつ
やさしさとぬくもりを

一年を通して身に着ける天然繊維の肌着や靴下。
重ねた温もりは、身体だけでなく優しく心も包み込みます。人間の肌に近い成分を持つシルクと、あたたかさに長けたウールをはじめ天然繊維のぬくもりは、肌触りが良く柔らかい着心地で身体をあたためます。
いつでも顔の見える商品づくりを続けることで、日本のものづくりの持つ高い技術を活かし、皆様に安心安全の商品をお届けしたいと考えています。繊維の町、倉敷が生んだぬくもりのブランド、それが「くらしきぬ」です。

温活のくらし、
家族みんなで

くらしきぬの製品は、着用していることを忘れてしまうほど自然な着心地。特殊な編み立てでオリジナルで作り上げた素材と立体的な形や、締め付けを感じさせない快適な着心地を実現しています。また赤ちゃんからお年寄りまで、身体をあたためることの心地よさを感じていただけるような安心安全な商品づくりに努めています。大人用だけでなく、子ども・赤ちゃん用の商品も揃い、おそろいの靴下や肌着を、ご家族でお楽しみいただけます。

紹介したまちとブランド

株式会社クラビズ
倉敷市阿知3丁目1-2

倉敷市児島味野 児島ジーンズストリート

旧野﨑家住宅から南へ広がる商店街に、地元ジーンズメーカーのショップが連なり、オリジナリティーあふれる品々が揃います。ストリート周辺には、ジーンズ以外にも魅力的なショップがいっぱいで、新たな観光スポットとして注目を集めています。

冷えとり靴下 基本4足セット しっかりウールタイプ

紹介したアイテム

冷えとり靴下 基本4足セット しっかりウールタイプ
¥5,027

商品詳細を見る このブランドを見る